アヴァンス行政書士法人『民泊判定シミュレーター』

民泊判定シミュレーター

利用上の注意

本ページは2017年1月1日時点の情報を元にアヴァンス行政書士法人が作成したものです。
民泊申請は法律や各地方公共団体における条例等改正により日々条件が変わることが御座いますし、
各地方公共団体により細かい諸条件が異なるケースが御座います。
また当診断結果は民泊許可(認定)を保証するものでは御座いません。
実際の民泊許可(認定)には下記以外にも複数の諸条件があり監督各所と打ち合せの上、
条件を整え申請をするものですのであくまで参考としてご利用下さい。

すぐ行政書士に『民泊許可(無料)』相談をしたい

物件所在地について

第1問
民泊をしようと考えておられる物件の所在地を下記の中から選択して下さい。

民泊特区地域
この地域では特区民泊が可能です

※これ以外の地域も簡易宿所・旅館営業法許可で民泊が可能ですのでご安心下さい

簡易宿所・旅館営業許可地域
この地域では簡易宿所・旅館営業許可による民泊が可能です

物件所在地について

第1-2問
民泊をしようと考えておられる物件の所在地を下記の中から選択して下さい。



用途地域について

第2問
都市計画法上、民泊が出来ない地域があります。
民泊をしようと考えておられる物件所在地の用途地域は以下の種類ですか。

「第一種低層住居地域」「第二種低層住居地域」
「市街化調整区域」

⇒用途地域を調べる

用途地域について

第2問
都市計画法上、民泊が出来ない地域があります。
民泊をしようと考えておられる物件所在地の用途地域を調べて下記の中から選択して下さい。

「第一種住居地域」「第二種住居地域」「準住居地域」
「近隣商業地域」「商業地域」
「準工業地域」

⇒用途地域を調べる

用途地域について

第2問
都市計画法上、民泊が出来ない地域があります。
民泊をしようと考えておられる物件所在地の用途地域を調べて下記の中から選択して下さい。

「第一種低層住居専用地域」「第二種低層住居専用地域」
「第一種中高層住居専用地域」「第二種中高層住居専用地域」
「第一種住居地域」「第二種住居地域」「準住居地域」
「近隣商業地域」「商業地域」
「準工業地域」「工業地域」「工業専用地域」

⇒用途地域を調べる

物件概要に関して

第3問
民泊をお考えの物件を下記の中から選択下さい。



診断結果

お客様の場合、民泊申請は難しい可能性が高いと思われます。
よろしければにてお電話で詳しく確認させて頂くことも出来ますし、民泊が出来る物件の紹介をご希望の場合、提携の不動産会社を紹介することも可能です。
下記項目をご入力頂けましたら、行政書士法人よりご連絡させて頂きます。

診断結果

お客様の場合、民泊申請が出来るかどうか不明です。
よろしければお電話でご相談をお受けさせて頂きます。
下記項目をご入力頂けましたら、行政書士法人よりご連絡させて頂きます。

賃貸借契約書・管理規約について

第3-2問
民泊申請の為には賃貸物件の場合は賃貸借契約書に「民泊しても問題ない」旨の記載か、それに代わる家主様の承諾が必要です。
分譲マンションの場合は管理規約に「民泊しても問題ない」旨の記載か、それに代わる管理組合様の承諾が必要です。
下記の中から選択下さい。




物件床面積について

第4問
客室の床面積によっては民泊申請出来ない場合があります。分からない場合だいたいで結構ですが一例として1畳=約1.62㎡です。
※地域によって1畳が1.45㎡~1.82㎡の場合までサイズに差がありますので1.62㎡はあくまで参考として下さい
※客室が2部屋以上有る場合は合わせた数字でお願いします。

診断結果

お客様の場合、簡易宿所で民泊申請が出来る可能性が御座います!
よろしければにてお電話でご相談をお受けさせて頂きます。
下記項目をご入力頂けましたら、行政書士法人よりご連絡させて頂きます。

診断結果

お客様の場合、簡易宿所又は特区民泊で民泊申請が出来る可能性が御座います!
よろしければにてお電話でご相談をお受けさせて頂きます。
下記項目をご入力頂けましたら、行政書士法人よりご連絡させて頂きます。